Sydney Flat 8

from Sydney,Australia via Thailand and Wales,UK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Borat!! ボラット

Borat



ついこの前、プロモーションでシドニーに来ていた
Boratことバロン・コーエンを偶然生で見た!
と同僚の女の子が言ってて、ちょっと羨ましかった!

イギリス、アメリカでただ今大ヒット中&話題沸騰の
Borat:
Cultural Learnings of America for Make
Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

を見に行ってきました。

内容は、みなさんご存知の
アメリカの文化を全く知らないカザフスタン人の
ジャーナリスト(?)ボラットが、ドキュメンタリーを
撮影するために、(最終的にはパメラ・アンダーソン
会うために)アメリカを横断するというもの。

金曜日、Burwoodで8時半スタートの回。
ほぼ満員に近いほどの入り!

brat 2


映画を見に行って、ここまで会場中が大笑いの渦
ってのは、いや、本当に初めて見ましたね。
それも最初から最後まで。

もう、差別ネタ(人種差別、性差別何でもあり)の
オンパレード。
単に、アホすぎて純粋に大笑いしてしまうシーンから
(特に、アメリカに到着したばかりで、ありえん行動を
とりまくるシーンは・・・もう・・・・)
ヤバすぎて、苦笑と言うか、笑っちゃいけないシーンでも
笑ってしまう自分が・・・・

訛りまくりの英語が、意外と私には聞きやすかったりして(汗)

そして、最強の肉弾シーンは・・・・
もう絶句・・・・
汚すぎて、まともにスクリーンが見られませんでした
きっつー。

バロン・コーエンはイギリスのコメディアンなので
P太に、知ってるか?と聞くと・・・

あの「Ali G」の人!!!だって!!
白人ラッパー(この時点で笑える)
で、これもまたアホ・キャラ。

Ali G


し・知らなんだ・・・・
だってこれやもんね。
このAli Gは媒体で何度も見た事あったのですが、
あまりにも別人なので気づきませんでしたって

でもって、普通の時の彼は・・・

Baron


これやし・・・

とにかく映画は、いい意味でも悪い意味でも話題沸騰中
ですが・・・
コーエン氏自体は、頭のいい人のようなので「裏づけあり」
ではありますが、笑える人と笑えない人がいるのは
しょうがない事ですわな。

しかし、映画館が笑いであそこまで揺れたのは
本当に初めてでした。


Song for Today from my i-POD-Shuffe mode

Give it a Day
Pavement[Shady Lane]

Shady lane




人気ブログランキングへ
ありがとうございます
スポンサーサイト
  1. 2006/11/24(金) 23:26:37|
  2. Sydney
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。