Sydney Flat 8

from Sydney,Australia via Thailand and Wales,UK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

VAREKAIを見に行く

ボビーがオーストラリアン・アイドルから去った
ショックが大きすぎて(爆)
話が逆戻りしますが、先週の日曜日・・・

varekai


シルク・ドゥ・ソレイユ
彼らが、日本にいる時によくTVなんかで
芸能人を使ったCMで宣伝しまくっていた
サルティンバンコ」や「キダム」をやってる集団だと
知ったのは最近・・・(
モー娘なんかに「すごいです!」とかCMで言われても
なんの説得力もなかったのか、全く興味がなかったので
あります。。。


VAREKAI」がオーストリアで公演開始となり
その宣伝を(TVのCMとかではなく、タクシーの
車両についてる広告などで)ちらちらと見ていて
存在は知ってたのですが、会社の同じセクションから
2人見に行ってて、口を揃えて「見に行く価値あり!」
と言われたので、見に行くことにしました

アメックスがスポンサーの一つだったので、
アメックスを持っている知り合いに頼んだら、公演の
数日前に買ったのに、VIPの2席ほどだけ後ろの席を
取る事がっ

varekai2


FOX STUDIOに隣接された特設会場。

こういうショウを見に行くのって、実は大人になって
から初めてなので(笑)なぜか緊張・・・

VAREKAIの後に、パーティーに行く予定だったので
元々カメラは持ってたけど、VAREKAIはやっぱりカメラは
禁止

確かに席はよかったんですがね~~~・・・・
私達の前に陣取った5人連れの家族が


巨体ファミリー!!

椅子の段差関係なし!!!!


こういう運のいっつも悪い私です・・・・

息子(と言っても、20代後半)のせいで、普通に座って
たら全然見えへん
キーーーーッ
って思いましたが、前半終わった時に、P太が席を替わって
きれ、娘(十分大きいが、息子とおとんに比べたら
全然まし)の前ではなんとか、まともに見えた!


そんな事はさておき、
いやいや感動しましたよー
日本でもあれだけ話題になってるので、みなさんご存知
でしょうが。
オリンピックに出たら、絶対獲れるはず、
とか訳の分からない事を一番に思った私です。
(実際、そういう人もいるのかしらん)
人間業とは思えない、数々のショーだけでなく
音楽にも心惹かれました。
ノスタルジックでせつないの。
フェリーニの道化師
を思い出しました。

技を決めた時々の拍手はすごかったのですが、
私は最後みんな、スタンディング・オベーション
確実と思ってて、私も立ったのですが、
「へへへ??」
スタンディング・オベーションをしている人は僅か。
そうなのーーー??
早速、すでに見に行ってた2人に聞くも、2人とも
同じ事を言ってた。
シドニーのオーディエンスはシビアなのでしょうか?!
日本ではどうなんでしょ。
私は、彼らには価値はあると思いますが。
あれだけの事をしてるんだしね

チケットはちと高いですが、もしまた機会があれば
見に行きたいと思います
8月から始まった、「VAREKAI」ですがシドニーでは
来週までですよー


VAREKAI WEBSITE


Song for Today from my i-POD-shuffle mode

Slow Nerve Action
The Flaming Lips[Transmissions from the Satellite Heart]

Transmissions from the Satellite Heart




人気ブログランキングへ
ありがとうございます
スポンサーサイト
  1. 2006/10/21(土) 11:38:57|
  2. Sydney
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

シルクドソレイユ

私も3年ぐらい前に”シルクドソレイユ”、知り合いにもらったチケットで見に行きましたよ。
「辻ちゃん加護ちゃんが”私たちも応援してまっす!”なんていう程度」のもの、とあまり期待してなかったのだけど...
これがなかなか、どうして。すごいじゃないですか。
スパニッシュウェブとか上を向いたまんま、ぽか~んと口が開けっ放し。

”ノスタルジックでフェリーニの道化師を思い出した...”
よ~く分かります。音楽とかもちょっと切ない感じあるし。

それにしても。巨体ファミリーですか!AUSってアメリカについで肥満大国って聞いたことがあるけど、そうなんですかね。

初めてアメリカに行ったとき、アメリカ人の巨体っぷりに感動して巨体アメリカ人を見つけるたびに、こっそり写真を撮ったことがあったけど、あまりにその数が多いので途中でギブアップしました。

でも巨体ってファミリーですよね(あれ、この文、ヘン?)。

ビッグなお子さまの行く先にはやはりビッグなダディやマミー、お兄ちゃんおねえちゃんが。遺伝子および食生活なのでしょうね、ビッグの秘密は。
  1. 2006/10/22(日) 09:45:50 |
  2. URL |
  3. mt #-
  4. [ 編集]

★mtさん★
今日のアイドルは、ビッグ・バンドがテーマだったのですが、
ボビーがいたら、絶対ステキだったに違いない・・・などと
思いながら見てましたよ・・・(しつこい・・・)

ははははは!!!そうそうそう!!まさにその通りでした(笑)
>「辻ちゃん加護ちゃんが”私たちも応援してまっす!”なんていう程度」

日本って、ああいう宣伝の仕方多いですよねぇ~。
映画にしろ。
こっちではああいうのは見ない気がする・・・・

しかし、はい。だいぶ楽しみましたです。

言いますよね、アメリカの肥満っぷりは半端じゃない、と。
イギリスとかオーストラリアでも十分だと思うのに・・・・
やはり、「すごいな、おい」と後ろを歩きながら
そう思ってしまう人を、毎日数人は見ます。
日本人が太っても絶対ああにはならない、って感じなんですよね?
お尻だけ異常に大きい人もよく見ますね。
大きいな、と思う人に限って、絶対コーラを手に持ってる、
またはスーパーで買い物カゴに入ってる率高い気がします!!
  1. 2006/10/22(日) 11:04:53 |
  2. URL |
  3. burngirl #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://burngirl.blog13.fc2.com/tb.php/242-e7460d14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。