Sydney Flat 8

from Sydney,Australia via Thailand and Wales,UK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Blonde Redhead Live in Sydney

シドニーにも、そこそこバンドはオーストラリアン・ツアー
でやってくるのですが、私も歳を取ったのか、これぞ、と
言うバンドしか見に行く元気がありません(爆)

しかーし。
私の生涯NO1であろうバンドの一つ、

Blonde Redhead


Blonde Redhead



が、日本のフジ・ロックの数日前にシドニーにやってきて
くれました!!!

Blonde Redheadは日本人(これまた京都出身)のKazuさん
イタリア人の双子の3人からなるバンドで、ベースは
ニューヨーク
日本+イタリア人ですが、アメリカのバンドとして活動して
いるので、もちろん曲はすべて英語。
デビューアルバムから12年、アルバムは7枚出ています。

もうかれこれ、10年以上彼らのファンで、ライブは5年半前の
大阪のファンダンゴと、イギリス、そして今日が3回目でした。
彼らはライブを精力的にやっているのですが、アメリカと
ヨーロッパが中心だったために、こんなに好きなのも関わらず
たったこれで3回目か・・と。
しかし、オーストラリア(彼らはこれが初のオーストラリア)
に来てくれるとは思ってもみなくて、この先、彼らを見る
チャンスはないかも・・・と。
なので、本当にうれしかった!!!

ライブは火曜日だったのですが
残業後、急いで夕飯を食べ、会場に向かいました。
The Metroはシティーのど真ん中、George ST.
Greater Union映画館の目の前にある。
去年Mogwaiを見た会場と同じ。

今日はどうしても一列目で見たかったので、開場8時前には
スタンバイ。
結構並んでてびっくり。
先週から始まった超繁忙期のためすでに
始まる前から、疲れてて(涙)もう今すぐ寝られそう~・・・
な感じだったのを、グっと堪えていたのですが、
1バンドだと思っていた、オープニング・バンドが2つもあって
倒れそうになりました!!
(なんとか、そこそこいいバンドだったのが救い)

そしてBlonde Redheadが始まったのが10時半。
KAZUさんんんんんーーー!!!!
(KAZUさんは私がもっとも尊敬する女性と言っても過言では
ないほど、彼女は私のヒーローです!)

Blonde Redhead @ The Metro/Sydney

Kazu3

Kazu2

Kazu

Kazu4


今年出たアルバム
23

23
からのナンバーをほぼ演奏、そして前作
Misery

Misery is a Butterfly
から数曲を演奏。
まぁ、彼らのライブを見るのも、5年半ぶりなのと、この2作が
彼らの新境地なサウンドだったために、前回見た時とは
随分違いました。
前々作の
lemon

Melody Of Certain Damaged Lemons」から
サウンドもガラっと変わり、彼らのアルバムはイマイチな
アルバムが一切なく、どれも本当に傑作で大好きなのですが
ライブを見るとなると、古い曲の方がIntenseな曲が多いため
昔の曲を一切演奏しなかったのが、本当に残念・・・
ライブとなると、昔の曲の方がグゥゥゥとクルのですよね。
あと、サウンドがけっこう悪かったので、前々ボーカルが
聞こえない時もありました。
などと、少し残念なところもありましたが、
もう私は完全に彼らにはADOREしていますので、見られただけで
本当に嬉しかったです。
シドニーに来てくれてありがとう・・・!!(歓喜)
やはりKAZUさんはステキでした。
あああ、また来てね。絶対に。
1500人ほどのキャパの開場も、満員だったので
彼らの人気がここまでシドニーでもあったのね、と感動した。

結局ライブが終わったのが12時過ぎでした。
次の日辛かったなぁ~。



人気ブログランキングへ
ありがとうございます


スポンサーサイト
  1. 2007/07/24(火) 11:08:30|
  2. North Wales,UK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

Hey Hey

わたしと同じように感じている人がいると知って
うれしくなり、カキコさせていただきます。
BRは、最近の曲もステキだけど、やっぱり
タッチ&ゴーの頃の曲のほうが Intenseですよね。
私のフェイヴァリットは<ミサイル>そして
<Equally Damaged>の狂気のリミックスです。
今年アムスで見たんだけど、
今のCD、今のレーベルの曲を中心に
演奏してましたよね。
でも、そんな今でも、<melody of the certain three>
はバッチリ演奏してくれるから、
嬉しいですよね。どんなに人気が出ても
どんなにポップになっても、エッジを
失わないところが。






  1. 2007/08/20(月) 07:19:51 |
  2. URL |
  3. しおみ #WCSj23LI
  4. [ 編集]

★しおみさん★
はじめまして。
ありがとうございます!
周りにBRのファンがいないので、このような書き込みは
本当にうれしいですよ!!

書いていますように、完全にBRの事をADOREしていますので
彼らの新しいサウンドも最高に好きです。

しかし、昔にライブで聴いた、特に
「In An Expression of the Inexpressible」からの曲たち
"Distilled"
"Missile" (!!)
"Futurism Vs. Passism, Pt. 2"
そして"Bipolar"が忘れられないんですよねぇ・・・

もうやらないんでしょうか・・・
しかし、しおみさんがおっしゃられるように、どんなにポップに
なっても、人気が出ても、彼らのエッジさに
いつもやられてしまいます・・・・・


  1. 2007/08/20(月) 10:41:34 |
  2. URL |
  3. burngirl #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/11/20(土) 09:30:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://burngirl.blog13.fc2.com/tb.php/345-dd375fb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。